助産師になるための過程

 助産師とは、看護師核を元にして取得する国家資格です。  出産時の助産行為だけでなく、産前、産後と幅広く母親を支える仕事です。  助産師という名称ですが、定義では女子しか資格を取得できません。

 また助産師は「助産所」を開くことができ、正常分娩のみ助産することができます。  分娩時に異常が発生した場合は、提携する産婦人科医に速やかに連絡をするようになっています。

 開業されない場合は、婦人科や助産師外来で働きます。助産師を必要とする場所は多くあるのです。  助産師になるには専門学校を卒業するか、もしくは4年制の看護大学で助産コースを取得します。

昨今は後者の選択傾向にあり、同時に年齢に関係なく入学する方が増えました。  これは看護師の免許を持っていれば目指すことができるためであり、社会人を経て入学する方や、子育てをひと段落した方が入学するようです。

 さて助産コースもしくは専門学校で学ぶ内容ですが、厚生労働省の指導要綱に準じたカリキュラムに沿って勉強します。  基礎助産学から必要な知識を学び、助産診断や技術学で技術の習得を目指します。

 学んだ内容は、実習を受け実際の技術を身につけます。  実習といえども、お産は時間を選んではくれません。呼び出しは急遽夜間だったりします。そのため助産師同様、肉体的にも精神的にもきつい実習になります。

 そこで命の誕生に携わり、助産師になりたいという目標が再度明確になるかもしれません。  また卒業までに10例ほどお産の直接介助の経験を積むなど、その責任の重大さから教育は徹底されています。しかしながら少子化や婦人科閉鎖の影響で、その数の経験を積むのは困難になっているようです。

 今後さらに少子化に拍車がかかるでしょう。  産婦人科医が減少している今、助産師の仕事と責務ははとても重く重要です。  しかし、それと同時に命の誕生に立ち会い、母親と感動を共にできるのは助産師しかいません。  そして助産師は、その感動を知っているからこそ激務の中でも頑張れるのです。

ページの先頭へ