母親たちの頼れる存在、助産師

 出産というのは、女性にとって痛く苦しいものです。  助産師は、赤ちゃんが産道を通るのを導くだけでなく、お母さんの心身に寄り添いパニックに陥らないよう助けてくれます。

たとえ母親が陣痛時の呼吸法等を勉強したとしても、そのさなかでは思うように身体は動かないものです。 そこで助産師がいれば、多少の落ち着きを取り戻すことができます。

 旦那様が手を握って腰をさすってくれるのもうれしいですが、助産師が傍にいれば「大丈夫」と根拠もなく思ってしまいます。  さてその助産師の仕事はいったいどのようなものでしょうか。

 助産師は出産の手伝いだけでなく、親になるための心構えを説いたり、産後のケアをしたり、さらには新生児のお世話をしたりと、母親の産前・産後を助ける幅広い仕事が待っています。

 助産師は赤ちゃんの誕生という喜ばしい場面に立ち会うことができます。出産中は母体や赤ちゃんの状態を把握するだけでなく、母親を励ますなど非常に忙しく大変です。

 出産はいつ何時に始まるかわかりません。  たとえ助産師が交代しても、母体や胎児がどのような状態かの引き継ぎはしっかりしておかなくてはなりません。  少しの判断・連絡ミスで、母体や赤ちゃんに影響が残りますので気が抜けないのです。常に冷静な判断と行動が必要になります。

 現在助産師は減少しています。  それは男性並みに体力が必要で、やりがいのある仕事ではありますが、命の重みというプレッシャーが重圧となり辞めてしまう方が少なからずいます。また少子化の影響もあるのでしょう。

 それらのことを考えた時、待遇面に納得がいかない場合があるのかもしれません。同じ激務であれば、待遇の良いところに行きたいと思うのも無理はありません。

 助産師は国家資格です。看護師の国会資格取得後、助産師の学校を卒業し、資格を取得するという長い道のりが待っています。  だからこそお母さんたちはそのような修練を積んだ助産師たちを安心・信頼して頼るのです。

ページの先頭へ