助産師として仕事をしたい女性の志望動機は何?

近頃増えているのが助産師の転職です。中には現在自分がしている仕事内容が助産師の本来の役割でないと思ったときに転職を思い浮かべるようです。

医療機関で勤務する助産師は助産師という立場ではありません。 医師や看護師の補助的な立場が多くなってしまい仕事内容も助産師の仕事でなく雑用が多いと言われてます。 助産師人口が増加する施策も大切ですが助産師の環境改善も早急にしないといけません。

ここでは、助産師として仕事をしたい女性の志望動機は何?ということをテーマに考えてみましょう。 志望動機で一番に多いのは「出産に向けての安心を妊婦さんに与えてあげたい」ということです。 病院では得られない出産への感動や充実感――これを妊婦さんやご家族へ提供したいという想いが強いです。

産婦に対してやさしい出産を考えることが志望動機につながっています。 新しく生まれてくる生命の誕生のシーンに立ち会えることが多いし、女性の一生に向き合える仕事であるから達成感・充実感・感動が得られることも志望動機では多く語られます。 しかし、今の助産師の活躍の場はどうでしょう。

助産師は不足傾向にあり、助産師が助産師として活躍できる場そのものもなくなっています。 医療機関に助産師がいても大部分は医師による指導のもとで出産に立ち会うことを余儀なくされています。 助産師が本当に希望している自然な出産ができない状態で仕事をしているのです。

一方、実際は病院で出産するのではなくて助産師による出産を望む女性も増えてきており、助産院での出産を行う方も増えています。 こうした自然な出産を望む女性がいる以上、助産師は産婦に自然な出産をサポートしたいでしょう。 母子ともに健康で新しい命が誕生する瞬間にいられることが志望動機として一番強いのです。

実際は喫煙や飲酒をし食事も欧米化しております。 運動不足の女性も多いため産婦の健康管理がきちんとされていません。 その結果、正常な妊娠期間を過ごせない方が急増しています。

こうした妊婦が多いため助産院で自然な分娩をすることよりも病院での出産への選択になる悪循環になっています。 助産師が助産師の役割をしっかりと行うためにも就職をする際は活躍の場の検討をきちんとすべきです。

助産師として働けないというような職場への就職にならないように条件をよく比較し検討できる助産師専門の転職支援サービスを利用することが就職や転職の際には役立つはずです。

ページの先頭へ