助産師の時給水準と就職先を選ぶヒント

助産師の年収平均は比較的高めであり約500万円です。 当然ですがその中には平均以下の助産師もいますし平均以上の助産師もいます。助産師といえども仕事をする職場によって、その収入の差にはバラつきがでてきます。

多い助産師では約800万円という年収になる助産師もおりますし、逆に約400万円という助産師もいます。 視点を変えると勤務する場所によって結構な差額がある職業であります。 ベテランで勤務歴が長い助産師は公立病院で働く場合は公務員になりますから年数が長いほど収入がそれに伴います。

ここでは、助産師の時給水準と就職先を選ぶヒントについてお話します。 そんな助産師の収入を時給換算してみたら平均2000円前後になります。 安い人では1600円前後となり高い人では2500円前後となりますが一般的な時給と比較すると高い水準です。

次に、就職先を選ぶヒントについてお話します。 助産師の収入については勤務先をしっかり選択しなければ大きな差が出てしまいます。 働いた分に見合う収入を獲得するには就職先を慎重に検討すべきです。

主に年数に伴い収入も高まる勤務先は公立病院等です。 公務員として働くことになれば収入は経験と共にアップします。 助産師は助産行為を行う存在として重大で責任も重くやりがいもある役目を課せられています。

相当労力を強いられる職業ですが「それに伴う収入か?」と考えると高いとも低いとも言えないです。 中には低すぎるという助産師もいるので労力や責任に比例して全部の助産師がそれなりの収入を得ているかは疑問です。

一般的な会社員と比較すると年収は高いかもしれません。 しかし、もしも医療事故が起きた場合は、責任追及も医師同様になされます。 そうしたケースも含め考えると実際は、まだまだ収入も低いのかもしれません。

助産師は出産等に関わる助産行為が医師以外にできる唯一の存在です。 そうした責任や労力に見合う収入を得られることが一番です。 しかし、現実には助産師が勤務する職場によりその収入の額というものには大きな違いが出てきます

年収800万円を得る助産師もおり年収400万円前後の助産師もいますが、この差はどう考えても開き過ぎです。 助産師の役目や責任に伴う収入を得るためにも就職活動や転職する際には職場を慎重に選択すべきでしょう。

ページの先頭へ