一般的に高いと言われる助産師の給与水準の実情

助産師の国家資格を得るには試験合格率は高いのですが助産師養成学校の数が減ったため定員に入れない場合は助産師教育すら受けられないという現状があります。助産師の教育を受けるまでが大変な職業ですが助産師求人の年収は医療系の中でも収入が高い職業です。

ここでは、一般的に高いと言われる助産師の給与水準の実情をご紹介しましょう。 助産師の給与水準は地域性もありますし勤務する場所によって違ってきます。 全ての助産師の収入が高いか低いかは別として平均的な数字をみる限りにおいては収入は高めであると言えます。 助産師の推定される平均年収は520万円前後です。

例えば公的医療機関である保健所で勤務する場合をみてみましょう。 助産師の収入は500万円前後となりボーナスも100万円前後支給されるのが一般的です。 勤務先により夜勤をする勤務であれば当然その夜勤手当もプラスして支給されます。

祝日出勤の場合も休日出勤手当が別にきちんとつけられるような労働条件です。 収入面だけを取り上げると医療系の職業の中では比較的安定して高めであると言って良いでしょう。 助産師の初任給を調べたところ初任給でも25万円前後は支給されるデータがあります。

これ以外に何らかの手当てが付くことになれば30万円前後になると思われます。 助産師の中には年収600万円に達する方もおりますし、それ以上の方もおります。 助産師として勤める場所によっても年収の差がでますが平均的にみると月給は30万円前後が多いです。

助産師国家資格を取得すれば、以前より活躍の場は減少したと言っても収入面においての満足感は非常に大きな職業だと言えるでしょう。 例えば助産師として公立病院で勤める場合を考えると年齢給が採用される傾向にあります。 勤務する年数が長ければ長いほど収入へ反映してきて高収入となる傾向にあるわけです。

このように収入が高いと言われる助産師という職業ではありますが実際は看護師や薬剤師同様に勤務先により給与は低いケースももちろんあります。

中には「給料が安い」とか「仕事の量や質に見合う給料ではない」という声もチラホラと聞かれます 助産師という職業も働く場所により収入にばらつきがあり平均以下の収入しかもらえていない助産師もいることを覚えておきましょう。

ページの先頭へ