助産師になる方法と難易度

助産師になりたい人には、いくつかの選択肢が用意されています。助産師国家試験は1年に1回、2月に実施されます。合格率は約90%になりますから、受験者の大部分は合格します。こういうデータを見ると「助産師は誰でもなれる。助産師求人は簡単。」と思ってしまうかもしれません。

ここでは、助産師になる方法と難易度について解説いたしましょう。 実際のところ助産師になるには国家試験に合格するよりも助産師養成学校に入学する方がかなりハードルが高いと言われています。 つまり「国家試験による合格率は高いけれども、そこまでの過程が極めて厳しい」のです。

助産師養成学校は日本全国的に見ても廃校が相次いでいます。 短期大学がこぞって四年制大学へシフトしたので近頃の助産師教育は大学院で学ぶという大学も増えています。 四年制の看護大学の中には助産カリキュラムを設定していますが数は限定的です。

また法改正によって今後の大学教育では4年間で看護師・保健師・助産師の3つの資格を取得するのは一層厳しくなると予想されています。 これからは次第に助産カリキュラムを大学院で取得できるようなシステムに移行していくものになるでしょう。

助産師になりたい女性が大学を選んだとしても実際は助産師カリキュラムの定員に入ることが出来ないと助産師教育を受けることはできません。 定員により助産師教育を受けられるか受けられないかが決められます。

その基準は主に学力で決められる傾向にあります。 こういった背景から助産師は助産師国家試験に合格するというよりも助産師教育を学べるかが一番大きな問題になります。

助産師としての教育を受けたいという方は次のいずれかの道を進むことになるでしょう。 ひとつめは、高校を卒業した後に看護大学での教育を4年間行い助産師国家試験に挑む方法です。

もうひとつは、中学を卒業すると同時に高等学校の衛生看護科を経て准看護試験を受けて、その後看護大学へ進学し更に看護師国家試験を受け正看護師を目指し、助産師養成所での教育を受けて助産師国家試験を受ける方法です。

こういった学習の流れを検討するしか方法がありません。 いずれにしても助産師は国家試験そのものの合格率は高くても、その道は相当険しいものになるでしょう。

ページの先頭へ