助産師を育てる場が今後増えてくると良いですね!

助産師求人 > 助産師求人をとりまく環境が改善されない

助産師求人をとりまく環境が改善されない

助産師の本来の役割は女性と一緒に向き合うことであったはずです。 思春期における相談や指導はもとより出産前から出産後に至るまでのケアが助産師の役割です。 もちろん出産後における育児の指導や相談を受けることも助産師の仕事でありますし、更年期の女性の相談や指導も助産師の役割です。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

助産師の本当の役割は女性が生きていく上で、とても心強いパートナーである上にいろんなサポートをすることでした。 しかし現実はどうでしょうか? 実際は医師や看護師の補佐的な役割が大多数です。 本来の助産師としての活躍の場がないことがやりがいのなさにつながっています。

ここでは、助産師をとりまく環境が改善されないのが問題点であることを説明しましょう。 仕事へのやりがいを感じられない環境であることが大きな問題点です。 医療機関を実際に見ても助産師の人数が不足しています。 活動の場がどんどんと減少しましたから助産師そのものの人数も激減しました。

そんな中、助産師が活躍できる環境が少ない医療機関に勤務する助産師は本来の役割とは違う役回りにあることから不満を漏らしはじめています。 助産師の収入は平均年収500万円で女性の職業としては高い水準です。 収入面では比較的満足できるレベルでしょう。

しかし実際その仕事がやりがいのない毎日ならどうでしょう。 働く意欲を失くしてしまい「給料よりも退職したほうがいい」と考える助産師もでてきます。 仕事とは収入だけでなく「やりがい」「意欲」を失っては当然続ける気力もなくなるのです。

本来やるべき仕事を阻まれるのは仕事に対しての気力さえ失わせることになっています。 こうした助産師本来の役割が行えない環境が諸悪の根源です。 その事が原因により助産師をやめてしまう人が多いことが問題点です。

助産師における問題点は「助産師を取り巻く環境がよくないこと」や「その状況が全く改善されないこと」にあります。 要するに労働環境がよくないということ――これが助産師の世界で抱えている一番の問題点です。 この影響によって、ただでさえ少ない助産師の数が減る一方なのです。

色々な問題により産科医院が閉鎖されてしまい助産師も減少してこうした現状にいたりました。 助産師が本来するべき役割を果たせるような職場環境への改善を今一度検討すべき時期にきています。
長崎県助産師会・佐世保助産師会